コラム

社交ダンス物語

2018/10/01更新

社交ダンス物語 237 リーダーとパートナーの会話 20

リーダーとパートナーの会話 20


 スポーツの秋です。夜中の病院の講堂には、盆・暮れ・正月なくダンスの練習に勤しむアラフィフ独身男女の姿あり。決勝を狙って、はるばる遠征した関東甲信越競技ダンス千葉県大会において、自分達は散々な結果でした。(いつも散々)

パートナー:「あなたも私も、人生の半分は終わったわ。」
リーダー:「そうだね。」
パートナー:「私、結婚できなかった。彼氏もいない。でも、後悔していないわ。」
リーダー:「へぇー そうなの?」
パートナー:「お酒は沢山飲んだわ。フツーの男の人の3倍ぐらいはね。今日、死んだとしても、充分にモトを取ったわ。」
リーダー:「……。そうですか。」
パートナー:「仕事も充分にやってきたわ。肉体労働だけど。同年代のオバさん達の倍は働いたと思うわ。」
リーダー:「……。」
パートナー:「ところで。あなたは人生に、やり残しはないの?」
リーダー:「あります。ダンス昇級。」


☆今日一日を、手抜きしないで生きましょう。手抜きしないで踊りましょう。(笑)

著者名 眼科 池田成子

前の記事 次の記事 一覧へ戻る 前の記事 次の記事